子供の能力

子供の時期はとても重要!

将来を左右するのはシナプスの量!!

まずは3歳までが勝負!!

タイムリミットは”4歳”!?

遺伝で決まるか!?

日本はまだまだ後進国!!

ピンチこそが”チャンス”!!

子供の能力を伸ばす

楽しく学ぶ!!

遊びも大切☆

理想的な環境作りも大切☆

ご両親に向けて

親としてポリシーを持とう!!

リンク集

相互リンク募集中です!!
kodomonouryoku
@okazubatake.com

リンク集

相互リンク集



左脳と右脳を分けて鍛えよう!

  • ご存知の通り、人間の脳みそは左脳と右脳に分かれています。
  • 左脳は、意識脳/言語脳とも呼ばれ、人間が意識的にものを考えたりする場合に使われる脳です。
  • それに対し右脳は、無意識脳/イメージ脳と呼ばれ、人が何かを想像したりする場合に活躍する脳です。
  • 子供の能力を効果的に伸ばすためには、この2つの脳みその違いをしっかり意識して、それぞれの脳みそを、
  • それぞれの脳みそにあった方法で、バランスよく鍛えることが大事になります。

0才から4才までのお子さまに、無料サンプルプレゼント実施中!

右脳を鍛えよう!

  • 右脳は、イメージ力や直感力、芸術性、感受性などをつかさどっています。
  • しかし私達人間は、言葉を話したり、計算したり、耳で声を理解したりなど、普段は左脳を無意識に使っている
  • ことが多く、それと比較すると右脳は使われることが多くありません。
  • しかししかし、右脳を鍛えることで、速読や短時間で大量の暗記を可能にすることがわかっているんです。
  • 右脳が発達していた偉人は、多く存在しています。「モーツァルト」や「レオナルド・ダ・ヴィンチ」をはじめとした
  • 芸術家や、相対性理論で有名な「アインシュタイン」も、右脳の能力が、ずば抜けていたと言われています。
  • では、どうして右脳はそれ程使われることが少ないんでしょう?
  • それは、皆が子供の時期に適切な刺激を受けないまま大人になるからです。「右脳を鍛えるチャンスは幼児時期
  • まで」なんです。
  • 0歳から6歳までの幼児期には、右脳が優位に働いています。この時期、右脳に対して適切な刺激を受けると、
  • 右脳が活性化して容易にその能力を発揮するようになります。
  • 逆に、大人になる程右脳の能力を開くのは難しくなります。
  • 実際、大人用の右脳教材なども開発されていますが、右脳を活用できるようになるまでにはかなりの努力が必要な
  • ようです。
  • つまり、子供のうちから右脳を意識的に鍛えて活性化させることによって、直感力や芸術性、感受性などの能力を
  • 伸ばす下地作りをする事が大事なんです。右脳をきちんと発達させられれば、将来、能力を発揮できる場が大きく
  • ひろがります。

☆究極の潤ツヤ美髪をこの手に☆ヘアエッセンストライアルセットを1,050円でGET!

右脳はパターン学習でいこう!

  • 右脳は簡単にいうと、言葉では言い表せないものを感じる脳みそです。
  • このような右脳を鍛えるためには、画像や映像などのイメージを使うことが大切になります。
  • 決して理屈で教えようとか、遊ばせようとかしないようにしてください。それは、左脳に効果のある学習と
  • 言えます。
  • 右脳を鍛えるためには、以下の3つのポイントを意識して学習させるようにしてください。
  • @理屈ぬきに見せる、触って遊ばせる。
  •  カードやおもちゃで遊ばせる場合、この場合はどうなるの?とか、・・・なのはどっち?などは、聞かないよう
  •  にしてください。
  •  しつこいかもしれませんが、それらは左脳に効果のある学習です。
  •  右脳に関して言えば、子供の感じるままに見て、遊ばせるようにしてください。
  •  それだけで、十分右脳に刺激を与えることができています。
  • A何度も繰り返す。
  •  子供は、繰り返されることにとても興味を示し、好みます。
  •  例えば、「高い、高い」や「いない、いない、バァー」などです。
  •  これらのリズムを好んでいるです。このリズムを利用した学習をパターン学習と呼んでいます。
  •  どんなに大切な物事も、一回で終わってしまってはパターン化されず、覚えることもできません。
  •  面白がらせ楽しませながら、繰り返し繰り返し見せたり遊ばせたりすることによって自然と脳みそにインプット
  •  されていきます。
  • B結果が出るまでは、忍耐強く待つ。
  •  小さい子供の場合、一つのネットワークが完成するのに、だいたい3ヶ月程度かかると言われています。
  •  この期間は、繰り返し繰り返し学習する期間です。
  •  決してあせることなく、早急な結果を期待せずに、お子さんの成長速度にあわせて待ってあげることがとても
  •  大切です。


オススメのアイテム!!

  • amazonさんで購入できるアイテムです。
  • この他にも、もちろん色々な教材や本がありますが、私が自信を持っておすすめするのはこちらです^^